オーリスの限界値引きを一度の商談で!

オーリス一発値引き交渉!

オーリス一発値引き交渉とは、ディーラーで1度の商談を行うだけで、オーリスから限界値引きを引き出す交渉術です。

何度もディーラーへ通う必要がないので、忙しい人や新車購入に時間を掛けたくない方にピッタリの購入方法です。

事前にオーリスの限界値引き情報を集めて、諸費用を含めた理想の総支払額を出せれば、簡単に一発値引き交渉を仕掛ける事が可能です。
事前の情報収集は、当サイトで簡単に出来るので、しっかり準備してオーリス一発値引き交渉に臨みましょう!


オーリスの目標値引き金額

車両本体からの目標値引き金額の他に、ディーラーオプションからも20~30%の割引きが可能です。

以下を参考に目標値引き額を設定するといいでしょう。

オーリス車両本体からの目標値引き額(2017年10月現在)

23万円

オプション金額 オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的に値引きが多くなる時期
1月後半~3月
(年度末決算セール)
上記+5万円以上
6月~7月
(夏のボーナス商戦)
上記+3万円前後
8月中旬~9月
(中間決算セール)
上記+5万円前後
11月~12月
(秋・年末商戦)
上記+3万円前後
※参考 オーリス実際の値引き額

上記の車両本体からの値引きと、オプション合計金額からの値引きを合わせた金額が、オーリスの値引き合格ラインです。

また、購入する時期によっては、さらに値引きの上乗せが可能です。上記のタイミングでオーリスを購入するなら値引きの上乗せ分も考慮に入れて、目標予算を設定しましょう。

 

下取り車の相場チェック

下取り車があれば、愛車の相場を調べて予算組みをします。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

当サイトの下取り車の高価買取術!も参考に。

 

オーリスの諸費用

オーリス1.8 ハイブリッドの諸費用です。オーリスの車両本体価格とオプション価格に加算して、定価の総支払額を出しましょう。

諸費用合計金額 139,347円

・自動車税(8月登録) 23,000円

・自動車取得税 0円(免税)

・自動車重量税 0円(免税)

・自賠責保険料 40,040円

・リサイクル料金 10,490円

・登録諸費用 65,817円

 

オーリス一発値引き交渉!をやってみよう

このページのオーリスの車両本体からの目標値引き額と、今回付けたオプションからの値引き額を合計します。

さらに時期によってプラスアルファ出来る値引き額を加算すれば、現在のオーリスの限界値引き額を算出できるでしょう。

そして希望のオーリスのグレード価格とオプション価格に諸費用を加算すれば、定価の総支払額が出ます。

そこからオーリスの限界値引き額を引けば、理想の総支払額が分かります。

今回のオーリスの理想の総支払額が出たら、その条件でオーリスを契約できれば限界値引きでオーリスを買う事ができますね。

ただディーラーへ行って、「この条件で売ってください」と言っても簡単に「はい、分かりました」とは残念ながらなりません(笑)

ではどうしたらセールスさんからOKの返事をもらえるかと言うと、それはライバル車との競合となります。

「ライバル車を買う気でいたけど、安くなるならオーリスを契約しても良い」と言う体でセールスさんと商談します。

では、実際にオーリスを売っているネッツ店やトヨペット店に行ったら、オーリスの希望グレードとオプションの見積もりを作ってもらい、一例として以下のように話してみましょう。

「インプレッサスポーツを買うつもりでスバルと商談中です。これからスバルに行って今日中に契約しようと思っていましたが、オーリスも気になったので来てみました。どちらも良い車なので車種に拘りはありません。もし希望の予算に収まるならこの場でオーリスを契約します。」

とやります。

こうすればセールスさんにとっても、「ライバル社のお客さんを獲得できて、短時間で今すぐ契約が取れる」と言う2つの大きなメリットを与える事ができます。

値引き条件的に厳しくても、何とか契約まで持っていけないか?とセールスさんも本気になって頑張ってくれるでしょう。

以上のように値引き交渉すれば、よほど限界を超えた値引きでなければ、オーリス一発値引き交渉が成功する確率は高くなります。

もし失敗したら、他のディーラーで一発値引き交渉を試すことも出来ます。ネッツ店で商談していれば、トヨペット店へ行ってもいいですし、経営の異なる他のネッツ店へ行って商談しても良いでしょう。

もしくは同じディーラーで、購入条件を少し緩めてそのまま商談を続ける方法もあります。その時の雰囲気で商談を続けるか、別のディーラーへ行くか、判断すると良いでしょう。

 

値引き条件をディーラーに伝えて後はひたすら待つ方法も

オーリスの購入を急いでいない方、時間的に余裕のある方におススメの方法です。

それはオーリスの理想の総支払額をディーラーに伝えて、あとは連絡が来るまでひたすら待つ方法です(笑)

具体的には、時期は基本的にいつでも良いのですが、値引きが大きくなる時期や新車が売れない時期が成功しやすいでしょう。

値引きが大きくなる時期は、1月~3月の年度末決算の時期、6月~7月のボーナス商戦の時期、9月の中間決算期がありますね。

反対に新車が売れない時期は、4月、5月、12月となります。(12月は年末商戦で値引きは元々拡大傾向ですが、年末は休みに入るためディーラーの稼働日数が少ないので、販売台数は少なくなります)

以上の時期なら成功しやすいですが、それほど時期に拘る必要はありません。自分のタイミングでディーラーへ行きましょう。

そしてディーラーに行ってオーリスの見積もりを取ったら以下のように伝えてみます。

「オーリスの購入予算は○○万円です。この金額になればいつでもオーリスを契約するので、出来るときに連絡を下さい」とやります。

こうしておけば、契約台数が欲しいディーラーだったり、今月の販売目標達成まであと1台!と言うセールスさんに当たれば、後から連絡が来る可能性が非常に高くなります。

オーリスはトヨペット店とネッツ店で購入できるので、両方のディーラーに伝えておけば、それだけ連絡が来る可能性が高まりますね。ネッツ店は経営違いのディーラーが同じ地域に複数ある都府県が多いので、複数のネッツ店に伝えても良いでしょう。

この方法は意外と成功しやすいのでお勧めです!

 

下取り車があればオーリスの総価格を下げられる

下取り車が新車からの値引き以上に、オーリスの購入価格を下げる事が可能です。

やり方は、値引き交渉が苦手な方でも簡単に出来る方法です。

是非試してみて下さい。

 

ディーラーの下取り金額は15~20万円も安い!?

新車に買い替えるなら、下取り車をディーラーにそのまま出すユーザーは半数以上いるそうです。ディーラーに出せば楽ですからね。

ここで知ってもらいたい事実は、ディーラーの下取り金額は買取店よりも15~20万円も安いのです。

大手買取店の統計では、平均して約16万円もディーラーの方が安いと出ています。

これは管理人の実体験からも明らかと言えます。

 

管理人の軽自動車売却レポート!

以前乗っていた軽自動車を新車に買い替えた時の話です。

新車を購入するディーラーで査定してもらったら、自分の軽自動車は39万円でした。

6年落ちなので半ば納得していましたが、新車の総価格を少しでも下げたかったので、買取店にも査定してもらう事にしました。

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算価格が分かります。

 

無料査定

そこで出た金額は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

早速セールスさんに伝えてみると、ディーラーも下取り金額を上げてきました!

 

最初の39万円から57万円にアップしました。

もしディーラーの言う通り最初の39万円で決めていたら、18万円も損する事になっていました。18万は大きいですよね・・・

この時した事は、査定サイトの概算価格をセールスさんに伝えただけです。

これで18万円の上乗せに成功したので、交渉事が苦手でも問題なく出来る方法でしょう。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

簡単な入力で申し込み後、画面上にマイカーの概算価格が表示されます。

この時のように、ディーラーの下取り金額と比較したり、早くマイカーの相場を知りたい場合には、便利なサイトでしょう。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

ちなみにかんたん車査定ガイドで申し込んだ買取店に査定してもらった所、58万円でした。リサイクル料の戻りを入れれば、ディーラーとほぼ同じなのでディーラーに売却しましたが、もし買取店の方がさらに高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

 

PAGE TOP